電話占いのよく当たる占い師は、世間の常識にとらわれないアドバイスをしてくれます


電話占いでよく当たる占い師は、相談した内容について、世間の常識にとらわれないアドバイスをしてくれます。このため、相談者にとっては思いがけない打開策を示してもらえるため、悩んだ状況を解決することが可能となります。
これから、その一例を示したいと思います。

仕事上の苦境

会社の業績が悪化すると、ほとんどの会社が人員削減策を打ち出します。そして、とくに固定給の高い中高年層を対象にした早期退職制度を実施し、中高年層に退職を迫ることになります。
このようなとき、50代の年齢のサラリーマンは何度も人事部や上司から面談を実施され、暗に退職するように求められてしまうと、無職になることへのプレッシャーや、次の就職先が見つかるのかといったプレッシャーにさらされて深い悩みに陥ってしまいます。
そのような状況において、電話占いのよく当たる占い師に相談すると、思いがけないアドバイスを示してもらえ、思わず「そのような発想もあったのか」と思わされて、自分の今後の人生に一筋の光を見出すことができます。
具体的な例としては、これまで年収800万円の収入を得ていた会社から退職を迫られ、退職金1500万円を提示されて退職することになった50代のサラリーマンが、電話占いのよく当たる占い師に「自分はこれからどのような人生を目指せばいいのか」や「はたして次の就職先は見つかるでしょうか」と相談します。
すると、占い師は「どうして、そのような狭い枠の中にご自分の人生を押し込めようとするのですか」と言い、「あなたは自分が持っている能力を見つめなおすことから始めてください」とアドバイスしてくれます。
そのうえで「あなたはもっと広い視野を持って自分の人生をとらえると、会社組織に頼らなくても生きていけることが自分でわかるようになります」とアドバイスしてくれます。そして「あなたは英語を話すことができるでしょう。個人事業主として、インターネット上で翻訳の仕事を受注することが、あなたなら可能です。もちろん翻訳の仕事なら、収入も高額となりますよ」などとアドバイスしてくれるのです。
よく当たる占い師は、一言も自分が英語を話すことができることを伝えていないにもかかわらず、それを指摘してきます。そのうえで、それまでずっとサラリーマンとして生きてきて、これからもサラリーマンとして生きていかねばならないと思い込んでいる自分の発想を、根底から覆し、より良い生き方を示してくれるのです。

不倫

サラリーマンの立場で不倫をしてしまい、結果的に妻から離婚を迫られるケースはよくあるケースです。しかし、サラリーマンである夫の側は、世間体や会社での処遇が悪化することを懸念して、なんとか離婚を避けたいと考えがちです。
離婚をすると、上司に離婚したことを報告しなければなりませんし、社会保険の手続きなどの関係で人事部にも報告する必要があるためです。離婚をしてしまうと、日本的な会社の場合、非公式な人事評価でマイナス評価がついてしまい、昇進や昇格の点でデメリットとなるケースが多いのです。
このため、自分の不倫が原因で妻から離婚を迫られたサラリーマンは、なんとかして離婚を避けたいと願い、電話占いのよく当たる占い師に相談することがあります。
相談者が「不倫したことが妻にばれてしまい、離婚を迫られています。どうすればいいでしょうか」と、よく当たる占い師に相談すると、占い師は世間の常識にとらわれない思いがけないアドバイスをしてくれることがあります。
それは「あなたは本音では新しい恋人と一緒にいたいと考えていますね」とズバリ、相談者の心理を突き、「だったら離婚すればいいじゃないですか。そのほうが、あなたの心の負担は無くなり、晴れやかな気持ちになれますよ」とアドバイスしてくれます。そして「離婚してから最初の数年は会社内から白い目で見られるかもしれませんが、あなたが生き生きとして仕事を頑張っている様子を見れば、周囲のあなたへの評価は必ず良くなります。人間とは、そういうものです」と示してくれるのです。
よく当たる占い師は、世間を気にした常識にとらわれないアドバイスをしてくれるため、自分の気持ちにしたがって人生を前向きにとらえることができるのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*