ワンクリック詐欺

ワンクリック詐欺

不当料金請求の方法の一つで、出会い系サイトなどにアクセスすると、いきなり料金請求の画面が表示されるという手口です。 例えば、「アダルト」というキーワードで検索して表示されたアダルトサイトにアクセスし、「入場する」などのボタンを押すと、突然、「登録が完了しました」「料金をお支払いください」などのメッセージが表示され、金額と振込先、支払期限が表示されます。 請求画面にはアクセスした人のIPアドレスやホスト名、位置情報サービスなどから割り出した現在地の情報などが表示され、「個人情報を取得しました。支払いが無い場合は法的措置を取る」といった内容のメッセージが記載されているが多い。しかし、下記のように個人情報(個体識別番号)が表示されても驚くことはありません。

個人情報(個体識別番号)とは


ワンクリック詐欺サイトの規約には、「個体識別番号」、「IPアドレス」からアクセスした者の身元特定をして、支払いが遅れた場合には、これらの情報から、勤務先、自宅などに電話をかける、もしくは利用料金に延滞料を加えて直接料金の徴収に行く、または、債権回収業者に委託するといった内容が間違いなく書かれています。
一般の人が、携帯電話の「個体識別番号」から個人情報を知ることはできません。また、パソコンの場合は「個体識別番号」は存在しません。表示された「個体識別番号」が、でたらめな場合もあります。また、個人情報保護法の観点から、キャリアやプロバイダの中で個人情報担当者はごく少数で、そこから個人情報が漏れることは皆無だと思ってよいでしょう。

そもそも、ワンクリックの契約自体が無効であるため、ワンクリック業者がブロバイダーやキャリアに問い合わせをすること自体考えられません。
このことから、個体識別番号やブロバイダー名が表示されても、個人情報が特定されることはありません。 → もしワンクリック詐欺に引っかかったら、消費者センターに相談するのが良いでしょう

ランキング

ランキング

1
2
3
4
5