法律関係

出会い系サイト規制法とは?

正式名称は「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」といいます。

  • 児童(18歳に満たない者)を性交等の相手方となるように誘引すること。
  • 人を児童(18歳に満たない者)との性交等の相手方となるように誘引すること。
  • 対償を供与することを示して、児童(18歳に満たない者)を異性交際(面識のない異性との交際)の相手方となるように誘引すること。
  • 対償を受けることを示して、人を児童(18歳に満たない者)との異性交際(面識のない異性との交際)の相手方となるように誘引すること。
判りやすい言葉で言い換えるなら18歳未満への性行為への誘い、18歳未満との性行為や援助交際、男女交際のあっせんな どを禁じた法律です。 このような行為をおこなった場合100万円以下の罰金に処せられます。

もちろんサイト事業者への規制もあります。
児童(18歳未満の者)の利用を防止する措置(利用禁止の明示・児童でないことの確認等)をとること。
よく見かける18歳以上対象の認証ボタンなどの設置。 又、サイトを利用していく上でこれらの法律に反した書き込みなどが多数あり認証ボタンも付けていないサイトは 悪質な詐欺サイトの可能性が高く管理も怠っている可能性があります。
ハッピーメールでは登録の際に電話番号の認証作業がありますがこれは出会い系サイト規制法の対処の一環でもあります。

ランキング

ランキング

1
2
3
4
5